キャラクター登録ガイド

 プレイヤー登録は済みましたか? まだの人は、このサイトで遊ぶためにをよく読んで、登録を済ませておいてください。

 キャラクターはルールブックの各分冊に従って作成し、キャラクター登録所に登録します。ただし、以下の特殊なルールがあります。よく読んで確認して下さい。

登録できるキャラクターの数

 SWWWに登録できるプレイヤー・キャラクターの数は、1人のプレイヤーにつき、1人のキャラクターまでとなります。SWWWでは、1人のキャラクターに愛着を持って掘り下げる遊びを推奨しています。

冒険の舞台

 SWWWでの主要舞台はザルツ地方です。PCの拠点となる都市はルキスラ帝国帝都ルキスラとなります。

登録可能な種族

 PCとして登録可能な種族は、参加条件である分冊1・2に記載されたPC用種族、人間、エルフ、ドワーフ、タビット、ルーンフォーク、ナイトメア、シャドウ、リルドラケン、グラスランナー、ハイマン、及び分冊3改訂版に記載されたPC用種族ヴァルキリーに限ります。各分冊の改訂版から追加されたシャドウ・ハイマン・ヴァルキリーについては、以下の注意をお読み下さい。

注意:シャドウ、ハイマン及びヴァルキリーについて

 シャドウハイマンは、改訂版からの追加種族ヴァルキリー参加条件に含まれない分冊3改訂版からの追加種族です。このため、当該データ記載のルールブック(改訂版・もしくは大判サプリメント)未所持の方がシャドウ・ハイマン及びヴァルキリーをPCとして登録することは認められません。

 また、セッション開催GMが当該ルールブック未所持または不採用の場合、セッション参加ができなくなる可能性があります。登録の際にはくれぐれもご注意下さい。

蛮族PCの禁止

 『バルバロス・テイルズ』を所有していても、蛮族PCの登録は認められません

 当該サプリメント内にも明記されているように、蛮族PCは存在自体が特殊です。SWWWのようなオープンな環境で自由に作成されると、蛮族が人族の敵であるという基本的な原則が通用しなくなってしまうため、禁止しています。

初期能力値の決定

 手元でダイスを振るか、オープンダイスチャットを用いて下さい。振りなおし等は任意です。ダイスチェックはありません

 究極的には、好きな能力値が出るまで振りなおしを続けることも、もちろん可能です。ただし、SWWWはオープンな交流サイトです。あなたが有利な生まれを選び高い能力値を設定するのは自由ですが、そんなあなたと他の人が一緒に遊びたいかどうか、よく考えてから登録してください。

プリーストの信仰対象

 初期の生まれ・設定で信仰できる神は、分冊2に掲載されている、人族の信仰する神(ライフォス、ティダン、シーン、ザイア、キルヒア、ル=ロウド、アステリア、ルーフェリア、グレンダール、サカロス、リルズ、ニールダ)に限ります。
 その他の神を信仰することはできません。また、PCはいかなる神を信仰しても、【フィアー】【ヴァイス・○○】系の呪文を選択できません。

キャラクターの個性付け

 キャラクターの年齢は、ルールブックの種族の項にある、「成人として認められる年齢」から「寿命」までの間として下さい。年齢によって有利不利が発生することはありません。ナイトメアには寿命がないと書かれていますので、暫定的に親の種族に従うとします。

 キャラクターの性別は、男性または女性です。一部の魔法やアイテムなど、ルール的に意味を持つ場面がありますので、キャラクター生来の性別を明記してください。

 作り出されたばかりのPCは、真っさらな駆け出し冒険者です。ルールで定められた以上の特殊な背景、有利に働く社会的な地位や人脈、特殊な力を持たせることは出来ません。特別な背景をもった特別なPCがしたければ、オープンなサイトに登録するのではなく、同志を募ってクローズドな環境で遊びましょう。

 「経歴表」の使用は任意ですが、設定を拾うかどうかは、参加したセッションのGMに委ねられます。これは、経歴表によらないプレイヤーオリジナルの設定も同様です。

キャラクター背景

 キャラクターシートは「キャラクター背景」「セッション用データ」に分かれます。参加登録に必要なキャラクターシートは、「キャラクター背景」だけです。

 「キャラクター背景」とは、キャラクターの基本的な背景等、参加セッションのレギュレーションによって変更されることのない部分を指します。基本的には登録時にルールブック(分冊1,2)に従い決定しますが、「生まれに含まれない技能」「戦闘特技」「名誉アイテム以外の装備品・所持品」は含みません。

キャラクター背景テンプレート

 次のテンプレートをコピーし、キャラクターの情報を記入して、キャラクター登録所に登録してください。登録に必要なキャラクター背景用のテンプレートは親記事分のみです。テンプレート内に「現在グレード」「セッション・グレード」等、ルールブックに存在しない項目がありますが、これはセッション用データの章で説明しています。

キャラクターシート:テンプレート

 必要な情報がわかりやすく記載してあれば、必ずしもこの書式である必要はありません。また、不要な部分(経歴やルーンフォークの穢れ値等)は削除しても構いません。

 セッションに参加することで、セッション履歴(現在グレード、累計1ゾロ回数、穢れ値)、名誉点が蓄積されます。セッションに参加したら、情報を修正して更新してください。

 セッション履歴には、参加し、終了したセッションの、開催期間、セッション名、GM名、セッション・グレードを記載してください。穢れ値が変動したり記憶を失った(たとえば、死亡した)セッションには、それとわかる記載をしてください。

キャラクター登録所

セッション用データ

 「セッション用データ」とは、「キャラクター背景」だけでは足りない、セッションに必要なデータの残りすべてです。参加セッションのレギュレーションに合わせて作成します。

ルールブック・レギュレーション

 「ルールブック・レギュレーション」とは、セッションで使用するルールブックや選択ルールのことです。GMがプレイヤー募集時に指定します。分冊1と2は必須ですが、それ以上のルールブックとサプリメントの使用はGMに委ねられます。

 GMがプレイヤー募集時、セッションの「ルールブック・レギュレーション」に指定した場合のみ、キャラクターの「セッション用データ」に、それらルールブックとサプリメントを用いることができます。このサイトで遊ぶために#使用ルールブック参照)

セッション・グレード

 「セッション・グレード」とは、SWWW独自のハウスルールになります。2から10の9段階が存在し、それぞれに「総経験点」「成長回数」「所持金合計」が設定されています。PCは、参加するセッションのグレードに対応した条件に従って、自分の「キャラクター背景」を元に「セッション用データ」を作成します。

 「キャラクター背景」の「現在グレード」と、自分の所持している(主に遊びたい)ルールブックに沿った、「セッション用データ」をあらかじめ用意しておき、参加セッションのレギュレーションにあわせて微調整すると、素早くセッションが開始できるでしょう。

 「セッション・グレード」の詳細な内容については、別ページに記載しています。

セッション・グレードについて

名誉点について

名誉アイテムの扱い

 所持品の例外として、名誉アイテムには「キャラクター背景」で管理する部分と、「セッション用データ」で管理する部分があります。

 「キャラクター背景」では、合計名誉点と、名誉点の使用先を管理します。一度名誉アイテムに名誉点を使用すると、取り消しはできません。

 「セッション用データ」では、名誉アイテムのうち、ガメルアイテムに関わるものを管理します。ガメルの消費が必要な名誉アイテムは、ガメルを支払ってはじめて、そのセッション内で有効に扱われます。その名誉アイテムに所持金を割かずに参加したセッションでは、その名誉アイテムを登場させることはできません。

 名誉アイテムの売却は自由です。ただし、所持金を割き、セッションに登場させてからの扱いになるため、処理上はただの名誉点の減少です。

セッション用データテンプレート

 以下のテンプレートをコピーし、募集をかけたGMに従って、キャラクターの情報を記入してください。セッション用データのテンプレートは、返信記事にあります。

キャラクターシート:テンプレート

 「キャラクター背景」同様、必要な情報がわかりやすく記載してあれば、必ずしもこの書式である必要はありません。不要な部分(契約属性、魔法ランク、練技、呪歌、騎芸、賦術等)も削除しても構いません。

 冒険者セットはテンプレートの段階で所持品に記入済みですが、購入しない場合は削除してください。

キャラクター登録所