セッション・グレードについて

 PCは、セッションへの参加が決定したら、その「セッション・グレード」に従って「セッション用データ」を作成します。初期作成(生まれの初期技能+残り経験点)がグレード2に相当します。 

セッション・グレード表
グレード 総経験点(初期合計+追加分) 所持金合計 成長回数
2 3000(3000+0) 1200 0
3 6000(3000+3000) 2500 3
4 9000(3000+6000) 5000 5
5 11500(3000+8500) 9000 7
6 15500(3000+12500) 15000 10
7 20500(3000+17500) 24000 14
8 27000(3000+24000) 40000 18
9 35500(3000+32500) 58000 24
10 46000(3000+43000) 78000 31

参加できるセッション・グレード

 プレイヤーは2から10までの、好きなグレードのセッションに参加できます。

 ただし、TRPG初心者の方・SW2.0に慣れていない方は、まずグレード2もしくは3のセッションに参加することを強く推奨します。

 高レベルキャラクターはできることが多く、そのぶん処理も複雑になりがちです。高グレードセッションを楽しむのは、SW2.0に慣れてからでも遅くはありません。

総経験点と技能・戦闘特技の修得

 PCは、(「セッション・グレード」に設定された「総経験点」)+(キャラクター背景の「累計1ゾロ回数」×50点)まで、自由に技能を修得し、上昇させることができます。

 ただし、「セッション・グレード」の値はレベル・キャップ(最大レベル制限)でもあります。Aテーブル技能はグレード以下、Bテーブル技能はグレード+1以下のレベルに収めてください

 このとき、必ずしも過去のセッションで修得していた技能や戦闘特技を修得させなくとも構いません。「スカウトがいないから、他の技能を下げてスカウトに割り振ろう」「セージは十分に足りているから、その分戦闘技能を伸ばそう」など、参加セッションにあわせて調整することが認められています。

能力値成長回数と成長のさせ方

 PCは、「セッション・グレード」に設定された「成長回数」分、自由に能力値を成長させることができます。ダイスを振って決定することはありません

 ただし、ひとつの能力に配分できる限界は、「成長回数」の3分の1(端数切り上げ)です。たとえば、「成長回数」が10回なら、4点までです。このとき、技能・戦闘特技と同様に、必ずしも過去のセッションと同じ成長をさせなくとも構いません。

所持金とアイテムの購入

 PCは、「セッション・グレード」に設定された「所持金合計」まで、自由にアイテムを購入することができます。

 購入したアイテムは、実際にそのタイミングで購入したことにする必要はありません。昔から持っていたことにしてもいいし、過去のセッションで入手したものであるなどとしてもいいのです。